イベント・コラム情報

初夏の扉塗り替え

昨年は地震が続き雨が続き、結局夏に塗り替えを行ったお庭のドア。

雨風や西日に晒され一部ペイントが剥がれていました。

 

 

画像1

さあ、今年も塗り替えます!

もちろんチョークペイントです!

画像2

まずは、ヘラを使って既存のペイントの層を剥がします。

 

ステンシルの部分は雨やスプリンクラーの水がよく当たっていましたが以外にもしっかり定着していました。

新しいペイントが古いペイントの層と一緒に剥がれ落ちないように、

落とせるところは落とし、汚れも拭きあげます。

画像3

実は省略しようと思っていましたが、

ガラスの周りをペイントしやすいように夫がマスキングテープで養生をしてくれました。

画像4

こうしておけば、ガラスにペイントがはみ出しません。

とってもペイントしやすくなりますし、後からガラスに付いたペイントを拭く手間も省けます。

 

画像5

下準備ができたら早速ペイント開始です!

 

一目見た時から決めていました。

このドア、今年は「アムステルダムグリーン」で塗るぞ!

 

画像6

ペイント缶を開けたら底の方からしっかりと混ぜます。

乾燥した木の扉はよく水分を吸収して少し塗りにくそう・・・

アニースローンブラシを軽くお水で湿しました。

画像7

アムステルダムグリーン!

 

ブラシの先3分の1~2分の1くらいを目安にペイントを取って

塗りはじめます。

 

画像8

ペイントはまず塗りにくい部分から。

 

そして高い所から低い所へと塗り進めていきます。

画像9

細かい部分は市販の合成繊維の目地刷毛や、

豚毛の丸刷毛などを使うと塗りやすいです。

 

広い部分はアニースローンブラシで大胆なブラシ使いを

楽しみましょう!ペイントの伸びも抜群です!

画像10

過ごしやすい初夏のお庭。

チョークペイントもあっという間に乾きます。

 

全体をざっと塗ったら、もう一度重ねて塗っていきます。

(塗りにくい際はごく少量のお水を加えて)

画像11

あっという間に終了^^

 

今回使ったアムステルダムグリーンは

シックな深緑に見えますが光の加減によって

生き生きと輝くような表情を見せてくれる不思議な色味です。

 

画像12

ドアに移る木漏れ日がきらきらときれいで

今年はシンプルに仕上げることにしました^^

 

お絵かき大好きの娘に「お絵かきしていいよ!」と

仕上げを任せると・・・

 

 

 

画像13

大好きな「むらさき色」エミールを一番に

選んで・・・お花を描いてるのかな?

 

 

 

画像14

そして、ジヴェルニーを見つけてお顔が

描けました^^

おひげがついてるからドラえもんのところかな?

 

 

画像15

そして数分後。

5歳の娘は小さなお花が大好き・・・

虫に誘われ、筆をおいてどこかへ消えて行ってしまいました^^

 

こちらの扉、屋外ですのでワックスは併用せずこのまましっかり乾燥させます。

というわけで、今年の扉はこんな感じに仕上がりました^^

 

お店の前の農道を、「みなさんゆっくり運転してね。」

という願いも込めてペイントしています。

 

 

画像17

こちらの新色アムステルダムグリーン(100mlボトル、1L缶)

もSANPOHのお店にストックしています。

WebショップThe little Ladybirdでも出荷可能ですので、お問合せ欄に

アムステルダムグリーン購入希望とし、サイズ・数量を添えて送信してくださいね。

 

 

 

 

画像18

一覧へ戻る